アリスタIPM通信 パイレーツ粒剤の成分、メタリジウム菌とは?
 
 
パイレーツ粒剤の成分、メタリジウム菌とは?
 
西日本短期大学 清水進
 
 
(以下の文章は清水教授の論文を基に清水先生の許可の下、編集部にて要約したものです。)

世界で製剤化されている昆虫病原性糸状菌のなかで、もっとも利用されているのがボーベリア・バシアーナ菌(ボタニガードの主成分)の58例とメタリジウム・アニソプリエ菌(パイレーツの主成分)のこれも58例です。
この2種類が利用度合いとしては飛びぬけています。
この理由としてメタリジウムやボーベリアの殺虫力、殺虫スピードが優れているのが理由と考えられます。

ミナミキイロアザミウマに対する各種糸状菌の病原力 (接種菌濃度10x 107 /ml)

ミナミキイロアザミウマに対する各種糸状菌の病原力
 
 
ミナミキイロアザミウマに対する殺虫スピードの比較((接種菌濃度10x 107 /ml)
ミナミキイロアザミウマに対する殺虫スピードの比較
 
パイレーツ粒剤に利用されているメタリジウム菌は上述のような高い殺虫力と殺虫スピードを兼ね備えた菌を使用しているので、農家での防除手法が一つ増え、スリップス類の被害軽減につながるものと期待される。
 
 
 
 
 
 
※2014年10月30日現在の情報です。製品に関する最新情報は「製品ページ」でご確認ください。