ハーモザイム実験レポート

『ハーモザイム』農家レポート一覧 |ハーモザイム製品ページ

ハーモザイム実験レポート えだまめ(品種:湯あがり娘) 福岡県久留米市

ハーモザイム処理タイミング
 
それぞれの試験区は、「ハーモザイム」を1回のみ散布しました。
※下記のそれぞれのタイミング(開花初期、満開期、開花後)で、比較試験を行いました。
 
開花後(5/21)
満開期(5/18)
開花初期(5/15)
※肩掛け噴霧器にて100L/10aの水量で1回散布
(播種:3月27日、収穫:6月24日)


ハーモザイム評価レポート
 
ハーモザイム処理タイミングとえだまめの収量
 

ハーモザイム莢数と1莢あたりの子実数

ハーモザイム 収量アップと品質向上 えだまめ
 
ハーモザイム 無処理区と散布区
ハーモザイムを開花初期に散布することにより、1莢あたりの子実数が増加しました。1粒入りや不稔莢の数が減ったことを意味しています。
 
 
 
ハーモザイム 実験後の感想 えだまめ
 
 
【製品紹介】
ハーモザイム
ハーモザイム  
植物抽出液が主成分の葉面散布用肥料です。『ハーモザイム』に含まれる植物由来の成分が作物に活力を与え、健全な開花・ 結実、果実の肥大を促進し、収量増に貢献します。また連続的に施用することで、成り疲れ時期の収量を確保することがわかっています。受粉昆虫、天敵製剤、微生物製剤にも優しい安全・安心の葉面散布用肥料ですので、これらと組み合わせることで、総合的作物管理(ICM)が可能となります。
ハーモザイムの製品ページはこちら>>>
 
 
『ハーモザイム』農家レポート一覧へ戻る