リンク集


代表取締役社長 兼
最高経営責任者(CEO)
小林 久哉
当社は、2001年10月に(株)トーメン [現 豊田通商(株)] とニチメン(株) [現 双日(株)] のライフサイエンス事業の統合により、設立されました。

数度の株主変更を経て、2015年に米国プラットフォーム スペシャリティ プロダクツ コーポレーションの一員となり、現在 傘下の旧ケムチュラ アグロ ソリューションズ及び旧アグリファー グループとの統合を進めています。
また、100か国に広がる海外ネットワークとの連携を基に、お取引会社様とのパートナーシップを強化し、日本発の製品・技術の導入を図っています。

国内においては、『安全性、環境に配慮した商品群で農業の省力化推進をリードするトータルソリューションプロバイダー』をビジョンとし、オルトランオーソサイドトクチオンなどの化学農薬、スワルスキースパイカルEXスパイデックスなどの天敵やマルハナバチによるIPM(総合的病害虫防除)を展開しております。

今後は、天候や環境に起因する植物のストレスを改善することにより植物の成長や品質向上に貢献するバイオスティミュラントの開発を進め、ICM(総合的作物管理)へと発展させることを目指しています。

生産者の高齢化が進み、効率化、大規模化が求められ、且つ海外や国内の産地間における差別化競争が一段と激しくなる状況の下、皆様のニーズに真摯に耳を傾け、そのニーズを生物農薬も含む新規成分開発、製剤改良や混合剤開発など、あらゆる方法を駆使して具体化し、解決策を提供することで、農業に貢献して参ります。