アフィバンク
アフィパール
天敵増殖植物
アフィバンク
    (バンカープラント)
アフィバンク
アフィバンク




[バンカープラントとは・・]

  • 栽培作物に害を及ぼさない生物を天敵の餌としてその寄生植物(コムギなど)とともにハウス内に持ち込む方法をバンカープラント法といいます。
  • アフィバンクはイネ科植物にのみ寄生するムギクビレアブラムシをコムギごとハウスに導入し、アフィパールの寄生とします。
    アフィパールは、アフィバンクのアブラムシに寄生して増えていき、作物に他の種類のアブラムシが発生した時に活躍します。まさに、天敵銀行です。

 

[特 長]
  • イネ科植物のみに寄生するアブラムシをコムギに接種した製品です。
  • 圃場に置く/移植すると餌源となってアフィパールの増殖を促します。

 

[製品の規格]
容器 2L  蓋付きポリエチレン容器
有効成分 コムギ・・・・・・・・・・約250本
ムギクビレアブラムシ・・・約500頭
使用量 10a当り1箱以上


[使用方法]

  1. プランターや圃場の隅にコムギをは種してください。
  2. コムギが3〜4cm程度に生育する頃が、アフィバンクの導入時期です。
  3. アフィバンクが到着したらプラスチックのフタを取って中のコムギを取り出し、は種したコムギの近くに移植してください。
  4. 1〜2週間後にアブラムシが増加してくるので、アフィパールを10a当り1本の割合でアフィバンクの近くに放飼してください。
  5. アフィパールを導入後、約2〜3週間で寄生されたアブラムシのマミーが見られるようになります。
  6. ムギの草丈が20cm以上になったら葉先を5cmほどカットすると長持ちします。
  7. ギフアブラバチ剤 ギフパールのバンカープラント ギフバンクとアフィバンクを同一ハウス内で併用する場合は、それぞれを施設の両端に設置するなど、できるだけ両バンカーの距離をあけてください。アフィバンクのムギクビレアブラムシは、ギフバンクのムギヒゲナガアブラムシより増殖能力が優れているので、ムギクビレアブラムシがギフバンクに侵入するとムギヒゲナガアブラムシが減少してしまいます。
「アフィバンク」と「ギフバンク」を同一ハウス内で併用する場合は、それぞれを施設の両端に設置

[使用上の注意事項]

  • アフィバンクは35℃以下となるよう温度管理をして下さい。
    35℃以上に温度が上がるハウスでは、ハウスの中央よりもサイド近くの風通しのよい所に設置してください。
  • アフィバンクに寄生されたアブラムシ(マミー)が見られる前に栽培作物にアブラムシが発生したらアフィパールを10アール当り1本を追加導入してください。
  • ムギクギレアブラムシが見られなくなったら、アフィバンクの追加をしてください。
  • アフィバンク自体に防除効果はありません。必ずアフィパールとともにお使いください。